ローマで 素敵なことみつけよう

アクセスカウンタ

zoom RSS エコロジック サンデー

<<   作成日時 : 2016/02/29 07:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本では空気汚染対策って何をしてるんでしょうか?
ローマでは、ある一定の環境汚染が数値ととして観測されるとブロッコ ディ マッキナつまり空気汚染が深刻な地域(つまり市内)への車両の乗り入れが禁止になります。
平日に緊急で行う場合は、車のナンバーの奇数、偶数で今日は車を乗り入れてはだめという通勤者への配慮ゼロの施策ですが、ストライキなどで不自由さになれてるイタリア人は、適度に年休や時間給や近所の同僚と乗り合わせたりとうまくやり過ごしてます。
毎月予定施策として日曜日に行われる、エコロジックサンデ―は全車両乗り入れ禁止。といっても、お昼の3時間くらいは車に乗ってもいい時間なので、日曜日のランチには支障がないというものです。
その時間に一斉に車の大移動がはじまります。
本日は、パパさんの弟家族にランチに呼ばれたので、車がのれる時間を利用してお宅におじゃましてきました。
予定してた計画がつぶれたり、仕事に支障がでたりする人もいるだろうけど、正直言ってそんな個人の都合が一年間の数日つぶれたぐらいで環境汚染が減るならば、こんな簡単なことないなーと思いますが、どれくらい効果があるものなんでしょうね。

この弟家族の家の近所のスーパーマーケットCarrefourが24時間営業になったとのことで、
パパさんに「いいと思わない?」と言われましたが、私の答えは「NO」です。
24時間営業が当たりまえの国での生活を経験したものとしては、24時間営業で国民の生活のクオリティがあがるとはとても思えないからと答えました。
遅くまで仕事してる人に便利だとかいう名目で、夜でも、祭日でも、いつでも開いてるということは、
いつでも、商品の流通があるってことで、いつでも働いている人がいるっていうことで、
四六時中にエネルギーを使い続けてるってことじゃなないかと。
便利という言葉の裏で、夜間の労働が増えたり、無駄な流通が増えたり、無駄なエネルギーを使いが増えるって
どうなんだろう。
夜や、祭日に働かないといけない業種というのはあると思うけど、大部分の人が夜と週末は休むというリズムは
とても人間的で大事なことだなーとこのイタリア生活でつくづく感じた事。
日曜日や夜お店がお休みで困る?その困るってどれくらい本当に困ることなのかな。
買い物ができなかったら買わなければいいし、ショッピングができなかったら他のことをすればいい。
日本みたいななんでも「便利」な国にいると気が付かなかったけど、お店が開いているってけっこうどうでも
いいことだなと。


とそんな、ことを思うエコロジックサンデーでした。






クリック募金バナー004

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エコロジック サンデー ローマで 素敵なことみつけよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる